三井住友カード紹介キャンペーン開催中!

【マイネオ】メリット・デメリット

スマホ

マイネオは関西電力グループののオプテージが提供している格安スマホです。関西地方でeo光を提供している会社と同じ会社がサービス提供しています。マイネオならドコモ・au・ソフトバンク回線に対応しているので、今までのスマホ本体、電話番号、メールアドレスをそのまま利用する事ができます。今回はマイネオのメリット・デメリットを紹介します。

紹介ページから契約で事務手数料無料

マイネオのメリット

メリット

3キャリアに対応

マイネオならドコモ・au・ソフトバンク回線に対応しています。ドコモ・au・ソフトバンクで購入したスマホ本体も原則SIMロック解除なしで利用する事ができます。マイネオならスマホ本体に加えて電話番棒やメールアドレスもそもまま乗り換えする事が出来るので安心して利用する事ができます。

パケットのシェアができる

マイネオならパケットを家族や友人にプレゼントできる「パケットギフト」やユーザー同士でシェアできる「フリータンク」のサービスがあります。月末にパケットが足りなくなった場合でもフリータンクから引き出しする事ができます。パケットが余った場合はフリータンクに入れる事もできるのでユーザー同士で助け合いをする事ができます。

パケットの使い放題サービスがある

マイネオなら通常のプランに「パケ放題Plus」オプションを追加すると最大通信速度1.5Mbpsで使い放題になります。最大通信速度が1.5Mbpsや3Mbpsでデータが使い放題の「まいそく」プランも用意されています。1.5MbpsならYoutubeなどの動画も中画質程度で楽しく事ができます。

電話のかけ放題サービスがある

マイネオなら「10分かけ放題」や「時間無制限かけ放題」のオプションサービスが提供されています。専用アプリも不要です。通話をたくさん利用する方でも安心して乗り換えする事ができます。

キャリアメールが利用できる

マイネオなら独自のキャリアメール「~@mineo.jp」のアドレスを利用する事ができます。ドコモ・au・ソフトバンクで利用していたメールアドレスを利用したい場合は「メールアドレス持ち運び制度(有料)」を利用すると、マイネオでもメールアドレスを引き継ぎする事ができます。

災害時でも安心

マイネオなら災害時に対象地域で「フリータンク」の解放が行われます。災害時の情報収取や家族との連絡などを行う際にデータを気にする必要はありません。通常利用には関係ないサービスですが、万が一の際に安心の機能です。数ある格安スマホでも災害時の対応について明記しているサービスは殆どないので、他のサービスを利用している方も必見です。

割引サービスが充実

マイネオなら2回線以上契約すると「複数回線割引」や「家族割引」で1回線あたり55円の割引を受ける事ができます。eo光セット割ならeo光の料金から330円の割引を受ける事ができます。

事務手数料が無料

マイネオなら紹介ページから契約すると事務手数料が無料になります。エントリーパッケージも不要です。スマホ本体同時購入でさらに2,000円分のギフト券がもらえます。店頭で契約する場合は紹介者の電話番号を伝えてください。紹介を受けた方の個人情報は分からないので安心してご利用ください。

紹介ページから契約で事務手数料無料

マイネオのデメリット

デメリット

海外で利用できない

マイネオでは海外でデータ通信(データローミング)を利用する事は出来ません。また、ソフトバンク回線の場合は音声通話を利用する事も出来ません。海外旅行の際には注意が必要です。

原則クレジットカードのみ

マイネオの支払いは原則クレジットカード払いのみです。口座振替を利用する場合はeo光を契約している方でeo光の料金を口座振替利用の方のみです。

タイトルとURLをコピーしました